マイニングの仕組み(2)

マイニングマシンを提供している事業者として、そもそもマイニングとはなんぞや? ということを説明したいと思います。

前回は、仮想通貨の根幹であるブロックチェーンなど分散レッジャーの技術(面倒なので、以後「ブロックチェーン」とだけ書きます)が新しい「台帳」の技術であること、その特徴は台帳の記録・管理に「みんな」が参加することである、と書きました。

では、台帳の記録・管理に「みんな」が参加する、というのはどういうことでしょうか。おおよそ、次のようなことであると要約できます。

(1)誰が参加しようと全ての取引が台帳に書き込まれる

(2)誰でも書き込まれた内容の正当性および二重取引がないことを検証できる

(3)誰でも記録でき、にも関わらず改竄されることがない

(4)誰でも取引の記録を確認できる

「マイニング」はこのうち(3)の部分に組み込まれた仕組みです。シンプルなのに、「誰でも記録」できて後から改ざんすることができないような方法を編み出したことが、Satoshi Nakamotoのすごいところの一つです。

→次回に続く