コインの紹介⑦:ネム(NEM)

コインの紹介⑦:ネム(NEM)

もともとNew Economy Movementの略称で、金銭的な自由、分散化、平等、および連帯感の原則に基づき、新しい経済圏の創出を目標として始まった仮想通貨です。

NEMの大きな特徴は、仕組みとして採用されているPOI(Proof-of-importance)です。

POIとは、簡単に言えば、NEMのネットワークに貢献した人が利益を得られるというものです。

保有している資産額に限らず、取引額、また取引を行なった相手にも依存し、NEMネットワークに積極的に参加する人間に報酬を与えています。この仕組みが優れているのは、富の再分配の点です。NEMのネットワークに貢献した人は誰でも基軸通貨であるXEMを手に入れることができます。

更には現在Catapult(カタパルト)という超高性能ブロックチェーンを開発中です。一般的なクラウドサーバー上で秒間3,000トランザクション以上を実現可能です。2017年夏までには実装されるのではないか、と言われています。

また、ネムと関係の深いテックビューロ社が開発した、ICOプラットフォームであるCOMSAも注目を集めています。

(引用:http://coinpost.jp/?p=1308)

 

NEMはPoI(Proof of Importance)という仕組みで承認しています。NEMにはvestというNEMへの参加度合いを測る仕組みがあり、NEMの保有残高と保有期間に応じて権限がvestされ、蓄積されていきます。vestされた量が10,000XEMを越えると承認に参加できます。承認プロセスはマイニングではなくハーベスティングと呼ばれます。

気になるあなたは NEM bar へ行こう!

[currencygraph currency1=”nem” currency2=”jpy”]