コインの紹介⑱:グノーシス(Gnosis)

コインの紹介⑱:グノーシス(Gnosis)

現在、注目されている仮想通貨⑱をご紹介します!

イーサリアムブロックチェーン上で開発される分散型予測史上プラットフォームプロジェクトです。効率的な予測変換ツールを目指しており、これは保険業界のビジネスモデルを変える可能性があるとも言われています。

Gnosisは参加者の利用拡大を容易にするためビットコイン(BTC)、イーサリアム(ETH)他のアルトコイン交換することができます。しかしGNOやWIZの優位性を保つために、様々な規制をかけています。

GNOは他の仮想通貨などと交換可能なGnosisの通貨で総発行枚数が限られています。また、WIZ生成のためにロックされその指定した期間中(30日〜365日)WIZを生成しますが期間が過ぎれば自由に動かす(売買、譲渡)ことができます。

WIZはGNOSISで使用される通貨1ドルにペッグ(固定レート)されています。WIZはGNOによって作られます。WIZはGnosisでの手数料支払い、市場の作成、などGnosisで使われる通貨です。

(引用:http://coinpost.jp/?p=1308)

グノーシス(ノーシス?表記揺れがあるみたい)は、分散型予測市場のためのプラットフォームだというのですが、この分散型予測というのが理解の難しい内容ですね。AugurやMoiraiもそういうプラットフォームを目指しているらしい。分散型予測というのは、予測する主体が複数ある状況で、それぞれの予測を統合して未来予測を行い、その結果から各主体の予測精度をフィードバックし(ここでコインが配分される)、多分その結果を加重平均して次の未来予測を行い、というプロセスなんだと思います。間違ってたらすみません。

 

[currencygraph currency1=”gno” currency2=”jpy”]