取引とマイニング、メリットとデメリット

近年仮想通貨の人気により価値が上昇し、本来投資とあまり縁のなかった層に仮想通貨の取引が浸透しています。仮想通貨の取引で財を成している人が出てきており、マイニングで財を成している人はあまり耳にしません。2017年、仮想通貨の価値は10万円程度から220万円程度に上昇しました。つまり、利回りでいえば2000%オーバーです。しかし、今後仮想通貨の価格が跳ね上がる可能性は低くなりつつあるます。仮想通貨の価格変動が落ち着いてきた現在において、マイニングという選択肢が登場しています。

今回は取引とマイニングの両方のメリット、デメリットを書いていこうと思います。
取引
○メリット
・送金手数料が安い
・中央機関に依存していない
・少額から取引可能

○デメリット
・ハッキングリスク
・インターネットとデバイスがないと何もできない
・利用可能な場所が少ない

マイニング
○メリット
・クラウドマイニングをすれば、高額な機材の購入はいらない。
・銀行に預けるよりも高金利

○デメリット
・クラウドマイニングの運営会社が倒産するリスク
・仮想通貨のレート変動のリスク
・通過マイニングの変動のリスク

メリット、デメリットをまとめるとこのようになります。
以上から言えることは、どちらを始めるにしても正と負の両方がつきまとっています。
リスクをあまり考えずに投資をしてしまうと、よくない結果を招いてしまいます。
必要なのは、リスクや問題点をしっかりと把握したうえで運用・投資をしていくことです。